髪に優しい縮毛矯正

髪質やクセ、ダメージ具合に合わせた薬剤

美容室でする施術のなかでも特に髪の毛への負担が

かかりやすい施術とういうのが縮毛矯正です。

負担がかかりやすい施術だからこそ髪の毛に優しい

薬やかけ方をしていきたいものですね。当店で使っている

薬は今まで様々な縮毛矯正の薬を使ってきた中で

髪の毛への負担という点と手触りを重視して選びま

した。縮毛矯正の薬というと各メーカーさんで作って

いるので相当な数の薬の種類があります。仕上がりや質感

もメーカーさんによって様々です。

薬の強さが調整できます

今使っている縮毛矯正のお薬は薬の強さを調整することが

出来ます。クセが強い方やダメージがあまりないという方は

しっかりと伸ばす力がある薬を使います。カラーリングなどで

髪の毛への負担がかかっている場合は優しめの薬を使い

ケアしながらかけていくことも出来ます。以前縮毛をかけた

所には保護剤があるのでその保護剤を使いながら優しくかけて

いくことが出来ます。縮毛矯正のかかり具合やダメージの

コントロール方法としては薬の強さ、放置時間、アイロンワーク

で決まってきます。その3点を髪質に合わせたバランス感でやっていく

ことが出来るとダメージを少なく質感もいい縮毛矯正が出来る

ようになります。

毛先は保護しながら

何度も繰り返し縮毛をするとどんどん毛先が痛んできてしまいます。

縮毛をかけるときに毛先のケアをしながらかけるということは必須に

なるのですが毛先の保護剤で保護しながらかけることが出来ます。

一度縮毛をかけた部分は基本的には半永久的に縮毛の効果は続くのですが

どうしても髪の毛のダメージなどで毛先のうねりが出てきてしまうことも

あります。そうならないためにも毛先のダメージを最小限に抑えるかけ方を

していく必要があります。

4か月から半年サイクルがおススメです

ではどのくらいの周期で縮毛をかけるのがおススメかということを

考えると髪の短い方では4か月周期、長い方では半年周期くらいの

サイクルがおススメかと思います。あくまでも目安なので実際は

クセの強さなどの状況によって変わっては来ますがそのくらいの

サイクルでかけておくと根元のクセにそこまで悩まされることも

少なくなるでしょう。

上手に付き合うことで毎日のスタイリングが本当に楽になる縮毛矯正

なので髪の毛に優しい施術をしていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご予約はこちらから↓↓

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000436101/?vos=evhpbpg0004&pog=mt(b)ti(aud-141215104603:dsa-290795551147)dv(c)cr(310801838578)fi(55275642496)gi(26967718572)ci(470318172)lc(1009240)ps(1t1)nw(g)&gclid=Cj0KCQjwi43oBRDBARIsAExSRQEX2AfQTJtPoav8Vi_e4tWiBFGUQ1kbjj5xpZo4aTlxWnxnMwCsYR0aAmQVEALw_wcB

☎048-951-1182

〒340-0015 草加市高砂2-11-20 真壁ビル2F

営業時間 10:00~20:00

毎週火曜日定休
 

関連記事

  1. 健康な頭皮の状態を見極める

  2. ポイントパーマとは?

  3. 外出自粛中の髪の毛の扱い方

  4. 誰でも出来る!髪の毛をサラサラにする方法

  5. ホームカラーのコツ

  6. 【いい食事がいい髪を育てる】髪にいい食生活

  7. 髪の毛にも波がある?素敵な髪のキープの仕方

  8. ハーフ縮毛がおススメです

  9. トリートメントはどれくらい持つの?

  10. 【初めてのホームカラー】失敗しない薬選び

  11. 頭皮を健康な状態に

  12. 部分縮毛が人気です