白髪染めとおしゃれ染めどっちで染める?

白髪染めとおしゃれ染め

先日いらしていただいたお客様で今までおしゃれ染めでずっとやっていたけどそろそろ白髪染めにしようかというご相談を受けました。こういう悩みを持っている方は結構多いのではないか思います。

白髪染めとおしゃれ染めというと確かに薬の作り方が違います。

おしゃれ染めというと明るさを出すことや色味が豊富にあり様々な要望に応えられるように薬が作られています。一方白髪染めはというと白髪をしっかりと染めるということに重点をおいているのであるていど色の幅や明るさなども限られてしまいます。白髪をしっかりと染めるために赤みの染料がおしゃれ染めに比べて多く配合されているので仕上がりの色が赤みに傾きやすいのも特徴です。

どっちで染めればいいの?

白髪染めとおしゃれ染めそれぞれに特徴がありますが実際にどっちでそめればいいの?ということになるとこれはお客様によって様々です。白髪への染まり具合の気になり具合や明るさの希望、色味なども考慮して決めていかなければいけません。

白髪への入り具合の感覚はかなり個人差があると感じます。明るさを出したいのであれば白髪の部分が少しピカピカする感じで薄く染まるようにしていくのですがこのピカピカしている感じが気になるか気にならないかという感覚は人によって違うのでしっかりと染めたいという方は白髪染めを使ったほうがいいと思います。

ピカピカしていてもいいから明るさを出していきたいという方はおしゃれ染めと白髪染めを混ぜて染めていくという方法も出来ます。明るさは出せるけど白髪への染まりは薄い、しっかり白髪はそまるけど全体的に暗くなる。という一長一短があるのでどこが一番重要なのか、自分に合っているのかを基準に考えていければいいのではないでしょうか。

ご希望によって比率を変えて

何度か通っていただくうちに微調整も出来るので最初に染めたカラーから時間が経って色の入り具合や色持ち、色の抜け具合などを見たうえで次回以降のカラーを微調整しながら決めていくと段々と自分に合ったカラーに近づいていくことが出来ます。

カラーの明るさや色味などもカルテで管理しているので前回のカラーよりもう少しこうしたいなどご要望を言って頂ければそのように調整します。一回では出来ないこともありますが何度かにわたって少しづつ理想に近づけていけるようにしっかりとお客様のご要望をお聞きしています。

カラーに関してわからないことも多いかと思いますがまずはご相談いただければ精一杯お答えしますのでなんでもおっしゃってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

  1. コロナショックをコロナチャンスへ

  2. 部分縮毛のご案内

  3. 暗めの白髪染めから明るめに

  4. 接客への想い

  5. 草加×メンズカット×CANNOA

  6. オーガニックカラー

  7. 髪を切ろうか迷っている方必見!!迷いが吹き飛ぶ考え方

  8. 髪の赤みを消すための方法

  9. 人生で3回、髪質が変わる

  10. パーマの頻度はどれくらい?

  11. カラーの色持ちをよくする方法

  12. 白髪を明るく染めるには?