THROWカラーとTOELカラーのマットを比べてみました

目次

カラー実験室

今回のカラーはマット系にしようという話になっていました。

色々と話をしていて丁度THROWカラーのマットとTOELカラー

のマット2種類が残っていてせっかくだから左右で比べてみよう

という流れになりました。THROWカラーとTOELカラーの

発色が似ているということをディーラーさんから聞いていたので

そんなにとんでもない色にはならないだろうということで早速

染めていきます。ビフォーの写真がこんな感じです。

数か月前にブリーチでメッシュキャップをかぶってメッシュを入れた

のもあってかなり明るいベースになっています。どんなカラー

を入れてもいい感じの発色になる髪質です。

右側がTOEL、左側がTHROW

今まで色々とカラー剤で実験はしてきましたがこういう

カラーの方法は初めてです。根元のリタッチ部分は

全頭同じ薬で毛先の薬は左右で別の薬を使っていきます。

THROWもTOELも特徴としては同じように寒色系の

カラーが綺麗に出やすいということです。今まではTHROW

を使ってきましたがいつもお世話になっているディーラーさんから

注文することが出来なくなってしまいとても気に入っていたの

ですが新しいカラーに変更せざるを得ない状況になってしまい

ました。いい機会なので色々なメーカーのカラー剤を試して

見た中で発色や操作性、ダメージ具合、頭皮への刺激などを

考慮して一番うちのお店に合ったカラー剤ということでTOEL

カラーを選びました。

仕上がりは?

右側   TOEL

左側 THROW

こんな感じに仕上がりました。写真だとわかりづらいかも

しれませんが染まりあがりの差はほとんどなく左右ほぼ同じ

感じに染まりました。ベースのカラーがいい感じだったので

透明感とツヤが出てとてもいい色になりました。

仕上げてみて感じたこととしては手触りの部分でTOELで

染めたほうが指通りがよくいい質感に染まりました。

色に関してはTHROWのほうが微妙にですが濃い感じで

TOELは淡い感じです。それぞれ特徴がありましたが

今後もこいった実験もしつつカラーの知識と経験を

より積み上げてお客様に素敵なカラーを提供できる

ように努力していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Follow me!

関連記事

  1. 技術の勉強会

  2. 明るい白髪染めにするために

  3. 【ちょっとの違いが大きな違いに】毎日のケア習慣

  4. 髪の毛の日焼け対策

  5. パーマが取れやすいという方へ

  6. TOELカラーってどんなカラー?

  7. 髪のパサつきを抑えるために必要なこと

  8. 炭酸泉の効果とは?

  9. 入社からスタイリストまでのカリキュラム➁

  10. 乾燥が気になるこの季節は!

  11. ご自宅でのケアを

  12. 【パサつく髪の毛にはこうすれば!】髪の毛をしっとりさせるため…

PAGE TOP