草加駅で縮毛矯正がおススメのサロン

どんな髪質にも対応できる薬剤「クオライン」

早いもので3月も最終日。明日から4月となります。「平成最後の・・・」とうのが溢れていて盛り上がっていますね。明日新元号の発表ということで楽しみです!

さて4月に入ると梅雨時期に向けて縮毛矯正のことを考える方も少しづつ増えてくるのではないでしょうか。当店でも今年の梅雨時期に向けて縮毛矯正をより満足いただけるものにしたいと考えスタッフで話し合いを重ねてきました。材料を卸していただいている担当の方にも協力してもらい今の縮毛矯正で一番髪の毛にとっていいものを探してきました。

結果的に行き着いたのが使用するお薬を「クオライン」というものにしました。この薬の特徴としてクセの強さ、ダメージ具合、髪の太さなどによって薬の強弱が選べるようになっているということが大きな特徴となります。従来の薬剤に比べて繰り返しかけても髪の毛へのダメージが少なく髪の毛への負担が少ないお薬です。

 

 

根元はしっかり、毛先は自然に

この薬の特徴として先にも書きましたがお薬の強弱を髪の毛の状態によって使い分けることが出来るというのがあります。前回縮毛矯正をしてから新しく伸びてきている部分はしっかりと伸ばすためのお薬、毛先の以前縮毛矯正をかけたところには優しめのお薬とダメージ具合や髪の毛の状態によって使い分けていきます。

更に太い髪用のお薬や細い髪の毛用のお薬があったりと様々なお客様の髪の毛の状態によってお薬の使い分けができるようになっていてどんな髪質の方でも自然でダメージを極力出さない縮毛矯正を実現することができます。

トリートメントもご一緒に

そういった髪の毛に優しい薬剤を使いつつ当店のおススメメニューである「ピトレティカトリートメント」も一緒に施術していただくと驚くほどの髪の毛のツヤ感とサラサラの手触りを味わうことが出来ます。

このトリートメントですが施術していただいたお客様からたくさんの喜んで頂く声をいただいています。縮毛矯正をかけるとどうしても髪の毛の水分量が少なくなり多少なりとも髪の毛がパサつきやすくなってしまいます。一緒にトリートメントをしていただくことで髪の毛に栄養分をしっかりと補給し、綺麗な髪の毛を長く保つことが出来ます。

ご自宅でのケア方法も知りたい方はお伝えしていますのでお声かけください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 毛先パーマでワンカールボブ

  2. 髪の明るさの基準

  3. おかげさまで1周年を迎えることが出来ました

  4. 【ちょっとの違いが大きな違いに】毎日のケア習慣

  5. やる気がUPする!【最初の5分の法則】

  6. 縮毛矯正をかける時期

  7. 自然にグレイヘアにしていくために

  8. カラーチャート通りのカラーにするために

  9. 残留色素のコントロール

  10. 白髪染めで出来るヘアカラー

  11. オーガニックカラー

  12. 上手にスタイリングをするワンポイントアドバイス