パーマのスタイリングはこれで

ウェーブ系のパーマにはムースがおススメ!

最近はパーマをかけるお客様が多くいらっしゃっていただいています。そんななかでウェーブ系のパーマスタイルにする際には簡単にウェーブ感を出すことが出来るこのムース「ハイクラッチフィズ」をおススメしています。

パーマをかけるイメージとしていくつかあってごく緩めに毛先の方向付け程度でかけていくパーマ。これはもともと直毛の方やウェーブにはしたくないけどパーマっぽさが欲しいという方におススメです。

毛先に自然な丸みが出るので柔らかい仕上がりになります。

もうひとつはウェーブ系のパーマ。長さにもよりですがパーマっぽさをしっかりと出していくパーマの種類となります。

デジタルパーマなどもウェーブ系のパーマにはなりますが機械をつかってかけていくパーマはこのムースは使わないほうが無難です。

ハーフドライでムースを付ければ完成

ウェーブ系のパーマスタイルのスタイリング方法として本当に簡単に考えるとハーフドライでムースを付ければ完成。という方法がかなり簡単です。

 

パーマの特徴として濡れている状態のときはパーマのウェーブ感がしっかりと出て乾かせば乾かすほどにゆるくなっていくというのがあります。乾かしすぎてパーマを出すのが難しいというお話をたまに聞くので難しく考えずに毛先が少し濡れている状態にムースをつけることで毛先の質感がウェットな質感になりパーマを簡単に出すことが出来ます。

パーマはセット出来ないという方も

スタイリングが出来なそうだからパーマをかけるのをためらっているという方も多いのではないでしょうか。実際にそんな方も一度かけてみると意外にスタイリングが楽にできてパーマスタイルを楽しんでいる方もたくさんいらっしゃいます。

パーマをかけることで雰囲気も柔らかくなり印象もガラリと変わります。スタイリングも慣れてくれば全く問題なく出来るようになりますので興味ある方はぜひとも挑戦してみましょう!

お客様一人一人に似合うように、スタイリングが難しくないようにしっかりとカウンセリングをしていくのとスタイリングの仕方の説明までいたしますのでお気軽にご相談ください!

関連記事

  1. 質感のよい縮毛矯正

  2. TOEL カラー剤の特徴

  3. 性格は毛先に出るという話

  4. 髪の毛にも波がある?素敵な髪のキープの仕方

  5. ブラシいらずのドライヤーのかけ方②

  6. 暗めの白髪染めから明るめに

  7. 白髪染めでアッシュ系に染める方法

  8. 【TOEL】ファッショングレイカラーが楽しめます

  9. 髪の毛の日焼け対策

  10. 根元の弾力をシャンプーで

  11. やる気がUPする!【最初の5分の法則】

  12. 寒色カラーはグラデーションで