縮毛矯正をかけた後の髪の毛の扱い方

半年に一度の頻度で縮毛矯正をかけているのですが髪の毛のダメージがいつも気になります。
そう言った場合にはどんなケアをしてあげるといいのでしょうか?

そうですね。縮毛矯正をかけた髪の毛はとてもデリケートな状態になっています。
半年に一度のペースでかけるということで毛先の方にも負担はかかってしまうことも予想されるので日々のケアが大切です。今回は縮毛矯正をかけた髪のケア方法について詳しく解説していきます。

水分が少なくなりがち

縮毛矯正をかけた後の髪の毛の特徴としては髪の毛の乾燥が進みやすくなるということです。

施術の特徴として髪の毛の中の結合を無理やり変えるという工程をするのでどうしても本来必要な水分を失ってしまいます。

繰り返し施術をすればするほど段々と毛先の方からパサつきや乾燥が気になってくる場合が多いのでシャンプーやトリートメント、アウトバストリートメントなどで水分量の調整をしてあげるといいでしょう。

髪の状態にあったヘアケアアイテムを

髪の毛の状態にあったヘアケアアイテムを使うことができると髪の毛が見違えるようにいい状態になります。

縮毛矯正をかけている方は特になのですが水分の量がどうしても少なくなりがちにです。

慢性的に乾燥しやすい髪の状態なので余程気をつけてケアしていかないと毛先の状態が悪くなっていってしまいます。

そこで自分にあったヘアケアアイテムと巡り会うことができると驚くほど髪質がよくなっていきます。

どういったものがいいのかはそれぞれの髪の状態によって違ってくるので美容師さんに相談してみるといいですね!

そもそも痛ませない縮毛を

縮毛矯正をかけるにあたって使っている薬剤や美容師さんの技術力、相性などによって仕上がりにばらつきが出ることも少なくありません。

髪の毛のダメージに関しては一度痛むとどんなにケアしても元通りになることはないと言われています。

なので縮毛矯正をかけた後のケアももちろん大切なのですがそもそも痛ませない縮毛矯正というのがとても重要です。

出来れば安心して任せることができる美容師さんを見つけて長くお願いすることが一番だと思います。

最後に

インターネットなどでいいヘアケアアイテムなどの情報はたくさんあります。

情報は取りやすくなっていますが何よりも大切なのは自分の髪の状態にあうのかという視点で使うケアアイテムを選ぶことが一番です。

一人一人髪の状態は違うのでどんなものを使ったらいいのかをぜひ美容師さんからアドバイスをもらった上で試してみるといいと思います。

ぜひ一度聞いてみてください!

少しでも参考になれば幸いです!

関連記事

  1. ヘアカラーでハイライトを入れたい時は

  2. 誰でも出来る!髪の毛をサラサラにする方法

  3. 残留色素のコントロール

  4. 一年間ありがとうございました。

  5. 白髪染めで出来るヘアカラー

  6. 髪に優しいカラーリング

  7. ホームカラーとサロンカラーの上手な両立を

  8. アウトバストリートメント

  9. 血行促進のためのヘッドスパ

  10. 髪形を変えるときの考え方

  11. ボブとショートボブの違いって?

  12. 酸熱トリートメントか縮毛矯正