真っ黒じゃないけど暗めのカラー

黒染めはしたくない

黒染めはしたくないけど髪の毛を暗くしないといけないということは生きているなかで何度かありましすよね。よくあるのが学校の実習で暗くしないといけないということや会社の面接、社会人の方だと上司の方との面談の時など様々な場合はあるか思いますがそのとき一定の期間だけ髪を暗くしたいという時はありますよね。

そのときその後の考えたカラーしていくことが必要になってきます。あまり暗くしすぎてしまうとその後にまた明るくしたいと思った時に明るくなりにくくなってしまいます。なので希望の明るさと色持ちのバランスを考えて使う薬を決めていく必要があります。

アッシュやブルーとブラウン

髪を黒くするということを考えた時にブラウン系で暗くしようとすると次回明るくしようと思った時に明るくなりにくくなってしまいます。そこでブルー系の薬やアッシュ系の薬を使って染めていくことでブラウンで暗くするのと比べると色の抜け具合が変わってきます。どのくらい色を持たせたいのかという事も考えてになりますがアッシュ系ブラウン系の薬のバランスを調整しながら染めていくことをオススメしています。

1ヶ月くらいで

色の持たせ具合は難しいのですが1ヶ月くらい持たせることが出来ればほとんどの場合はいい事が多いので1ヶ月くらいは色を持たせるように配合していくことがよくあります。最初はしっかりと色を入れ段々と退色していくので丁度いい感じで明るくなっていきます。長い期間暗くしておく必要がある場合はまた配合が変わってきますが1カ月くらい持てばいい場合にはオススメです。

バランス感は相談で

とはいえどのくらいの明るさが希望なのか、どのくらいの期間色を持たせるのか、何のために染めないといけないのかなど事情は人によって様々なので個別にご要望を聞いた上でお薬を決めていきます。今の髪の状態や髪の明るさなどによっても変わってくるので詳しいところはご相談の上決めていければと思います。

ヘアカラーでその人の印象は大きく変わります。黒黒染めをしないといけないというときでもその後のカラーより楽しめるようにご提案しますのでお気軽の1度ご相談ください!

関連記事

  1. 居酒屋甲子園

  2. 縮毛をかけないという選択

  3. 髪の毛がサラサラになる魔法のトリートメント

  4. 東萌ビューティーカレッジのガイダンスに参加させていただきまし…

  5. 通い続けられる美容室の選びかた

  6. カラーの色持ちをよくするための薬の調合

  7. 自宅で出来る頭皮ケア②

  8. 髪の赤みを消すための方法

  9. 頭皮を健康な状態に

  10. ホームカラーのコツ

  11. 性格は毛先に出るという話

  12. 酸熱トリートメントか縮毛矯正