ヘアケアのすすめ

習慣としてのヘアケアを

髪の毛は人の見た目を大きく左右するポイントです。

毎日当たり前のようにシャンプーをしてトリートメント

をしてドライヤーをしてという流れが出来ているという

方がほとんどかと思います。その一連のヘアケアの質を

少しづつ上げていくことでどんどん素敵な髪が出来ていく

という風になっていくという方もたくさんいらっしゃいます。

ではどんなことに気を付けるといいのでしょうか。詳しく

解説していきます。

まずは乾かし方の見直しを

まずは乾かし方の見直しをすることが手っ取り早く綺麗な

髪の毛に近づけることが出来ます。今持っているものだけで

何も買い足さなくても出来るので今日からでも取り組めること

ですね。ドライヤーのかけ方に関しては美容室に行った際に

美容師さんにアドバイスをもらうというのが一番おススメです。

髪質や生え方、髪の量など人によって全然違うので動画サイト

などでアップされている説明ももちろん すごく参考になりますが

100%誰でも使えるということではありません。その点直接

やり取りが出来る美容室なら説明を受けつつわからないことなども

質問することも出来るので一番いい情報の収集場所といえます。

乾かし方を聞いて、実際に家でやってみて、また疑問点がでたら次回

行ったときに聞いてみるという流れが出来るとどんどん乾かし方も

上達してきます。

ケアアイテムは乾かし方が固まってからでも

シャンプーやトリートメント、アウトバストリートメントなどの

ケアアイテムを使うというのもおススメですがまずは乾かし方の

ポイントを身に着けておくということをやっておくとより効果を

発揮します。いいものを使えば間違いなく髪質はよくなりますが

並行して自分で出来る効果的なケアというのも身に着けておくという

ことも重要なことです。

ドライヤーにもこだわる

最近はドライヤーにこだわる方も増えてきています。シックスパッド

やリファなどを手掛けている会社が最近新しいドライヤーを発売

したり4万円を超えるようなドライヤーが爆発的に売れたりと

いいドライヤーを使うという方はここ数年でとても増えています。

確かにほぼ毎日ある程度の時間をかけるものなので多少値段がよくても

長い目で見るとそんなに高い買い物でもないような感じがします。

一度買うと5年ぐらいはもつのでその間いい髪質を保てると思えば

その価値はありそうですね。

こういったようにヘアケアといっても様々な方法があるので

自分に合ったものを少しづつでいいので身に着けていって

素敵なヘアスタイルを創ってみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 外出自粛中の髪の毛の扱い方

  2. 綺麗な髪を手に入れる7つの習慣

  3. 綺麗な髪の習慣術

  4. CANNOA. カノア 入口のご案内

  5. グレイカラー×新色×ユーカリブラウン

  6. スタイリング動画を見てみて

  7. 縮毛矯正をかける時期

  8. どんな髪でも綺麗に

  9. 健康な頭皮の状態を見極める

  10. ブラシいらずのドライヤーのかけ方②

  11. フォトコンテストの撮影会の見学へ

  12. 似合う髪形にしてくれる美容室