こだわりの薬剤

こだわりました

お店で使用する薬剤やシャンプー、トリートメントなどは

すごくこだわっています。美容室で使用する薬剤というと

カラー剤、パーマ液、縮毛矯正の薬、ヘアマニキュア、

トリートメント、ヘッドスパ、シャンプーなどなどたくさん

あります。しかもそれぞれの分野でかなりたくさんのメーカーから

様々な商品が出されています。そんななかから一つ一つすごく

こだわって薬剤などを決めました。今日はこだわりの薬剤について

解説していきます。

色々な薬を試してみて

11年ほど勤めたお店を開業のために退職後、開業の準備をしつつ

派遣の美容師という働き方を半年ほどしていました。派遣の美容師

という働き方で週4日間、期間契約で仕事をするという形で4店舗

にお世話になりました。今考えるとこの経験がものすごくいい経験に

なりました。長年勤めていたときの価値観とはまったく違う社風や考え方

、薬剤なども全く違うものを経験できたというのは本当に貴重な体験です。

開業する際に使う薬剤を決めるにあたってもこの派遣の美容師をしていた

時の経験はほんとうに役に立ちました。今使っている薬剤の中にも

その時に出会った薬がいくつかあります。

メーカーさんからサンプルをもらって一度や二度試してみるくらいでは

なかなかわからないところをある程度の期間で見ることが出来ていいものか

をじっくりと見極めることが出来ました。

世界は広いので

一つのところに長くいるとどうしても視野が狭くなってしまったり

これ以外にいいものはないという考え方になってしまいがちです。

知らない世界に一歩踏み出してみると今まででは考えたことも

ないような出来事や人、ものに出会うことが出来ると改めて感じました。

そうした新しいものとの出会いがあることでより今いるお客様にも価値を

提供できるようになるのだと思います。

今でも新商品が出たり見本市みたいなものがあるときは積極的に出かけるように

しています。なんでもそうですがこれでいいという終わりはありません。

世の中のものはどんどん良くなっているので新しいものをキャッチするための

アンテナを常に張ってよりいいものをお客様に提供できる世にしていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. ブリーチなしで明るい白髪染めにする方法

  2. NEWアイロン

  3. 長所をみるということ

  4. 健康な頭皮の状態を見極める

  5. 毎日使うシャンプーだからこそこだわってみませんか?

  6. 髪の毛の日焼け対策

  7. 前髪の印象

  8. 内装の契約完了。

  9. 髪をバッサリ切ろうか悩んだら?

  10. 毛先パーマでワンカールボブ

  11. ヘッドスパの勉強会

  12. 実は深いつながりが・・・【髪の毛と血流の深い関係】