髪の赤みを消すための方法

マットとグリーンを効果的に

寒色系のカラーにしたいというお客様のオーダーが多い

中で特に赤みが強いというお客様の髪質に対して効果的な

薬がマットとグリーンです。ブリーチをすれば赤みを

消しやすくはなるのですがその後の髪の毛の状態なども

考慮してなるべくブリーチを使わずに綺麗な寒色に

なるようなご提案をしていきたいと考えています。

今までも様々なカラーの配合を試してみたり各メーカーの

カラー剤を比較してきたりもしたなかで今のところ

いきついた一番きれいに赤みを消すカラーがマットと

グリーンということです。

希望の明るさや狙っていく色に向けてマットとグリーンを

バランスよく配合していくことで赤みを綺麗にとる

ことが出来ます。

THROWカラーならでは

今まで各メーカーのカラー剤を色々と試して

きましたがTHROWカラーのカラーの染まり具合は

かなり綺麗です。赤みを綺麗に消してくれるという

特徴ももちろんですがカラーの仕上がりのツヤ感も

従来のカラー剤とは比べ物にならないくらい

綺麗です。ここまできれいにツヤが出るカラー剤も

なかなかないのではと思っています。

色味も豊富でカラー剤の調合次第ではかなり希望の

色に近づけられるようになっている薬です。

今までのカラーでは赤みを消したくてアッシュ系や

グリーンを使っても赤みが残りオレンジっぽい仕上がりに

なってしまっていたのですがこのTHROWカラーでは

かなり赤みを綺麗に消してくれるようになりました。

薬剤の進化もとても進んでいてどんどんいいカラー剤が

出てくるので今後も楽しみです。

繰り返すほどいい色に

THROWカラーのマットとグリーンを使って染めていくと

綺麗な寒色系になっていきますが毎回寒色系を狙って

配合を少しづつ変えて染めていくことでより綺麗なカラーに

なっていきます。出来れば同じお店で染めていったほうが

履歴が残っているので前回のカラーはどうだったかを聞いたうえで

カラー剤の調合を微調整できたりするのでおススメです。

お客様の好みも何度か通ってもらううちにわかってくるので

理想のカラーがある場合は出来れば同じお店に継続して通って

いく方が近道となると思います。

希望を理解してくれて相談しやすい美容師さんを見つけることが

理想の髪形や髪色を叶えるために一番大切なことかもしれませんね。

皆様のご来店をお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. WETブラシで頭皮の血行促進を

  2. 明るい白髪染めをしたい方必見!明るく綺麗に染める方法まとめ

  3. オーガニックカラー×THROWカラー

  4. 美容師の技術向上

  5. 抜け毛、細毛、白髪の原因に・・・【髪によくない3つのこと】

  6. 綺麗な髪を保つ秘訣

  7. 縮毛矯正を長持ちさせる方法②

  8. 居酒屋甲子園

  9. 「似合う」とは?

  10. 【美容師が解説】高いシャンプーは本当にいいの?

  11. こだわりのパーマスタイル

  12. 新しいスタイリング剤【BAUM】