TOEL(トエル)カラーで染めてみました

新しいカラー剤

THROWカラーがいよいよ八月いっぱいで注文できなく

なってしまうということで新しいカラー剤を試している

中で今回はトエルカラーを試してみます。

ディーラーさんからの話ではTHROWカラーの発色と

似ているということで今までTHROWカラーを使って

たのであれば使いやすいということです。

カラーのラインナップもTHROWカラーと似ていて

同じように使っていけそうな感じです。

今回のモデルさんはいつもインナーカラーで

楽しんでいるうちのアイリストの木村さんです。

一ヵ月前にメッシュキャップをかぶってかなり明るく

なっていたので色が抜けてきてこんな感じに

なっています。ここからどんな具合にトエルカラーで

染まっていくのか試していきます。

ブルー、グレイ、マット

THROWカラーと同じような感覚で思い切ってほぼ補色のみを

使って染めていきます。透明感の出る寒色系のダークトーンを

目指して染めていきます。従来のカラーだとなかなか綺麗な

寒色系にならずにアッシュ系を目指しても結果的にオレンジ系に

なっていまうことが多いです。このトエルカラーも寒色系が

綺麗に出やすいということなので思い切って尖った寒色系を

目指していきます。

以前に試したカラー剤ではブルーが濃すぎて仕上がりが緑に

なってしまうということもありました。カラー剤によって

様々な特徴があるのでその辺のバランスを総合的に見て

一番お店として使いやすくお客様が喜んで頂けるような

カラー剤を選べればと思います。

すごくいい仕上がりに

仕上がりはとてもいい感じになりました。色の入り方、

ツヤ感、手触りと満足できる仕上がりです。

確かにTHROWカラーと似たような質感と発色の具合です。

以前やったメッシュキャップの部分にもいい感じで

色が入りました。個人的にかなり攻めたカラーの使い方を

してみましたがいい仕上がりになってくれてよかったです。

カラー剤を決めるのもいよいよ決定が近づいてきている感じです。

メーカーさんの技術講師の方を招いて来月はカラー剤の詳細の

説明をしてもらう予定です。着々とカラー剤決定に向けて進んで

います。お客様に自信をもっておススメ出来るカラー剤を

スタッフ全員で考えていきますので今後も情報をチェックして

みてください。

皆様のご来店をお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

関連記事

  1. 地道なケアを

  2. 美容室でするトリートメントの効果

  3. 自分以外の誰かのために

  4. 髪と頭皮のデトックス

  5. ピトレティカトリートメントのフルコース

  6. 1日1分からの頭皮マッサージ

  7. ヘアマニキュアで白髪をカバー

  8. ヘアマニキュア

  9. 【見た目が変わると気持ちも変わる】外見の重要性

  10. 自宅で出来る頭皮ケア習慣

  11. 抜け毛を減らすシャンプー法

  12. 周りがみんな反対しても