色味も綺麗な白髪染め

アッシュ系の白髪染め

先日カラーをさせていただいたお客様でずっとうちでカラーをしている方なのですが明るめの白髪染めが綺麗に染まるようになりました。もともと暗めだったのですが徐々に明るくしていきたいということで何回かに分けて少しづつ明るく染めていくプロセスを踏んでいきました。綺麗に明るくしていくためやアッシュ系などのカラーを入れていきたい場合は明るめのベースのカラーづくりが大切となってきます。一度ベースが出来てしまうと様々カラーを楽しめるようになるので根気よく作っていくことをおススメしています。

さて今回はもうベースのカラーが出来がっている状態からのカラーなのでどんなカラーでも綺麗に入る感じです。これから梅雨明け、夏を迎えるにあたってアッシュ系にしていくことになりました。染める前の感じでこのくらいのベースの色になっているとほとんどどんなカラーも綺麗に入ります。

ベースづくりが本当に大切

こんな髪色にしたい。という画像を見せていただくことが多いのですがもともと持っている自分の髪色や髪質などで一度では出来ないという場合もあります。何度か染めていくうちにベースのカラーが整っていき綺麗に染まっていくようになっていくのですが一度のカラーで出来ることと出来ないことがあるということをご理解いただけるとありがたいと思います。

ベースのカラーづくりにかかる時間や回数はその方によって様々ではあります。場合によってはブリーチやハイライトなどをしていく場合もありますのでその辺は相談の上決めていければと思います。

ベースが出来たら色々楽しんでいきましょう

写真のようなベースの明るさになったらあとは色々とカラーを楽しむことが出来るようになります。基本的な染め方としては根元は白髪染めの薬を使って白髪をカバーします。毛先もベースのカラーが出来ているところにはファッションカラーを使って染めていくことが多いです。毛先の白髪がピカピカ光ってくるという場合は白髪染めを混ぜて染めることもありますがファッションカラーで染めていったほうが色味は綺麗に出てくれます。

このように色々なカラーを楽しみたいというお客様の希望を叶えることが出来るように少し長いスパンでカラーを考えてより素敵なカラーが提供できるようにしております。やってみたい髪色などありましたらお気軽にご相談ください。

皆様のご来店をお待ちしております。最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. カラーの色持ちをよくする方法

  2. ヘアマニキュアという選択

  3. 自分以外の誰かのために

  4. インナーカラーのお客様

  5. 縮毛矯正とストレートパーマ

  6. 一生通える美容室の見つけ方

  7. コロナ太りに負けるな!【毎日続くウォーキング術】

  8. こだわりの店内空間

  9. イメージ通りを実現するために

  10. 食事が髪の毛に与える影響について考えてみました

  11. いい美容師さんに巡り会うために必要なことは?

  12. TOELカラーってどんなカラー?