インナーカラー×ブリーチ×アメジスト

今回はアメジスト

久しぶりに今回のインナーカラーはブリーチをしてオンカラーをすることになり早速ブリーチをしていきます。だいたい月に一回くらいインナーカラーの部分にカラーを入れているのですがブリーチをするのは3か月に一度くらいです。インナーカラーなので根元のリタッチの部分がそこまで気になるわけではないので伸びてきたらブリーチをするといった具合です。

ピンク、グレイ、グリーンなどなど毎回違ったカラーをしていますが今回はお試しでもらったカラー剤で「アメジスト」というのを使っていきます。このカラーの特徴としてパープル系の色味なのですが他のカラー剤とは違いブルーをベースに作られているというパープルです。パープルというと暖色系のイメージを持つ方も多いかと思いますがこのパープルは寒色系のパープルといった感じです。更に深みを出すためにブルーとサファイアという色を混ぜて染めていきます。

仕上がりはとても綺麗に

予想通りの仕上がりでとてもいい感じです。ほんのりパープルの寒色系です。ブリーチをした髪にブルーをそのままのせるとマット系に寄ってしまうこともありますがパープル系が黄色味を消してくれるのできれいなカラーが乗ります。黄色味が消えたところにブルーがうまく乗ってくるというようなイメージです。今回使ったカラーは「アディクシー」というカラーで赤みを消す力がとても強くブルーをベースにカラーが作られているものが多くかなり尖った感じのカラー剤です。

基本的には若者向けのカラー剤といった感じではありますがうまく調合することによってグレイカラーにも対応できます。ダブルカラーのオンカラーにとても重宝する点やグレイカラーに混ぜても今までに体験したことのないヘアカラーが出来るのでとてもいいお薬です。

インナーカラーが楽しめます

毎月インナーカラーに入れる色を変えながら染めていくというのも楽しめる秘訣です。ブリーチをしたうえなのでかなり色味を強調したカラーを乗せても綺麗に入ります。インナーカラーなので派手な色にしても日常生活にそこまで影響はないというところもおススメのポイントです。

 

カラー以外でもヘアマニキュアを使ったりより色味を強調したい場合はマニックパニックという彩度のより高いヘアマニキュアを使うという方法もあります。ご相談いただければ色々とご希望をお伺いのうえ出来る限りご希望に添えるように対応致しますのでまずはご相談ください。(場合によって薬を注文するのに時間がかかる場合もございます)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

  1. 寒色系の白髪染めの鉄板レシピ

  2. グレージュカラー

  3. ハンドブローのコツ

  4. 健康な髪の毛が生える習慣

  5. 頑固な黒染めを明るく

  6. 美容室休業時のセルフカラー【白髪染め編】

  7. パーマの頻度はどれくらい?

  8. 綺麗な髪の習慣術

  9. 理想の相手と出会える美髪術

  10. ヘアマニキュアのすすめ

  11. ヘッドスパのおススメの頻度は?

  12. カラーの色持ちをよくする方法