髪のダメージを補修するコツ

何よりも習慣が大切

ヘアカラーやパーマ、ドライヤーやアイロン、コテなどの熱によるダメージ、紫外線や乾燥など髪の毛を痛ませる要因は日常の生活のいたるところにあふれています。受けてしまったダメージから髪の毛を回復させる為にできることを今回は解説していきます。

そもそも髪の毛に対してなるべくダメージを与えないということがとても大切になるので薬剤による施術はなるべく髪の毛の負担が少ない薬剤を使っていくことやドライヤーやアイロンなども適切な温度や使い方をしていくことがとても大切です。痛んでしまう前の段階でそもそもなるべく痛ませないというケアが重要となってきます。そういってしまうと染めたりパーマができなくなってしまうのですがヘアスタイルを楽しむためにもなるべく髪に負担をかけずに色々なヘアスタイルに挑戦していきたいものですね。

日々生活をしていくうえでまったく髪の毛が痛まないというのは現実的に不可能です。なので髪質やダメージ具合に合わせて適切なケアを習慣化していくことが何よりも大切です。美容室でのトリートメントもとてもおススメでぜひやって頂いたほうがいいのですがそれ以上に大切なのが日々のケアということになります。2ヶ月に一度の美容室でのトリートメントよりも毎日するシャンプー、トリートメントをいいものを使ったほうが長い目で考えると効果的です。ご自宅でのケアをしっかりとしつつ更に美容室でトリートメントをするというのが髪の毛にとって一番おススメのケア方法です。

他力と自力

美容室でするトリートメントが他力だとするとご自宅でするケアは自力ということになります。髪の毛が綺麗な方の多くは自力の部分をしっかりとやって頂いている方が多いです。美容室ですごく効果があると話題のトリートメントをいくらやってもそのときはいいかも知れませんが長続きするかというと自宅でのケアが効果をすごく左右します。

美容室でもちのいいトリートメントをしたいという方は多いです。実際に質感のいいトリートメントも様々ありますが美容汁でのトリートメントのもちや効果を最大限に発揮するためには御自身のケアというのも含めて考えていくとより効果的になります。

美容室でできるケアとご自宅でできるケア、その両輪を髪質に合わせてきちんと習慣化することができればみるみるうちに髪の毛が綺麗になっていきます。一度習慣として根付いてしまえば後は頑張らなくても綺麗な髪の毛を保つことができるようになります。

お客様一人ひとりによって必要なケアは違ってきます。髪質に合わせて必要な施術とご提案を致しますので皆様のご来店を心よりお待ちしております。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

  1. ヘアマニキュアで白髪をカバー

  2. ヘアドネーション

  3. ピトレティカトリートメントのフルコース

  4. カラーチャート通りのカラーにするために

  5. カラーの色持ちをよくする方法

  6. 縮毛矯正をかける時期

  7. 髪と頭皮のデトックス

  8. 綺麗な髪を保つ習慣を

  9. 頑張らなくても髪がまとまるナチュラル縮毛矯正

  10. やっぱり【ノンシリコンシャンプー】がいいの?

  11. 2020年 草加市 成人式のお問合せ

  12. 髪の毛にも波がある?素敵な髪のキープの仕方