おしゃれな白髪染め

THROWカラーを効果的に使って実現

白髪染めというと暗めの色しか出来ないというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。最近のカラーではそんなことはなくむしろ明るめの白髪染めや色味を強調したオシャレな白髪染めというのがかなり出来るようになってきいています。薬剤の進化と色味の調合の工夫をすることで以前に比べて白髪染めの分野でもかなり色幅が広がりました。

数年前までは白髪染めだとどうしても赤みが強くでてしまい仕上がりのカラーがオレンジっぽい仕上がりになってしまいましたがここ最近の寒色系の綺麗に出るカラー剤のおかげでかなり綺麗に寒色系のカラーも表現できるようになりました。当店で扱っているのがTHROWカラーというもので寒色系がかなり綺麗に出ます。寒色系のカラーを各メーカーそれぞれ試してみましたが一番発色が綺麗で色の幅も選びやすいという点でこのカラーを使うことに決めました。

グレイカラーとTHROWカラーを混ぜることにより今までに体験したことのないカラーの仕上がりを体験することが出来ます。

白髪染めとおしゃれ染めの違い

おしゃれな白髪染めというテーマで今回は書いていきますがそもそも白髪染めとおしゃれ染めって何が違うの?ということを説明しておきます。白髪染めというと目的が白髪をしっかりと染めるということが目的に作られており明るくする力や色味を出す力もあるにはあるのですが白髪をしっかり染めるという目的のために作られているので色味や明るさをそこまで出すことが出来ません。最近では明るめの白髪染めの需要が増えてきているので色味や明るさを出せる白髪染めというジャンルの薬も増えてきています。とはいえ基本的には白髪を染めるという目的のために作られている薬が白髪染めの一番の特徴です。

おしゃれ染めの目的はというと明るくするということと色味を楽しむという目的のために作られています。ここ数年で日本人の髪質の特徴で赤みが強く仕上がりがオレンジっぽくなりやすいという特徴をカバーしたカラーのお薬が各メーカーから出ています。当店ではTHROWカラーというのを使っていますがこのTHROWカラーでは赤みを抑える力があり寒色系がとても綺麗に出るのとピンク系、ヴァイオレット系も対応できるので幅広いお客様のオーダーに応えることが出来るお薬です。

素敵なグレイカラーを

このように目的、特徴の違うカラー剤を混ぜて染めることでおしゃれな白髪染めを楽しむことが出来るようになります。以前では出すことが出来なかった色味もお薬の調合をすることで表現することが出来るようになりました。

髪質や既染部の残留色素などにもよって一度で理想の色にならない場合もありますが何度か染めることでとても綺麗に染まっていきます。薬の調合もお客様の希望や髪質に合わせてかなりこだわっていますので興味のある方は一度ご相談ください。

皆様のご来店をお待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

関連記事

  1. 髪の毛を乾かさないと起こる3つのトラブル

  2. 髪の毛がピンチになるときこそ新しいチャンスがあるということ

  3. 美容室でする明るい白髪染め

  4. 3日坊主にならない為のたった一つの方法

  5. 婚活×ヘアスタイル

  6. 誰でも出来る!髪の毛をサラサラにする方法

  7. スタイリスト募集要項

  8. THROWカラー

  9. 【髪と頭皮に優しく染まる】オーガニックカラーがおススメな3つ…

  10. 色味が選べるグレイカラー

  11. ヘアカラー×赤味→寒色

  12. 白髪染めとおしゃれ染めどっちで染める?