自分の髪のいいところ

見方次第で

自分の髪質を気に入っているという方は意外に少ない

のかもしれません。基本的にもともと持っている髪質を

活かしたヘアスタイルをご提案したいと考えながらお客様と

髪形を決めていくのですがもともとの髪質をあまりよく

思っていないという方も多いように感じます。

見方によっていい髪質にも悪い髪質にもとれるという

ことはあるのだと思います。もともとすごく真っすぐで

ツヤツヤな髪質の方が髪の毛がペタッとして動きが出なくて

イヤということを思っていたり、何もしなくてもいい具合の

クセが出てパーマっぽい感じのスタイリングが出来たり

するけどそのクセがイヤだったりと様々なパターンが

あります。

ないものねだりという部分は少なからずあると思いますが

見方を少し変えるだけでそのイヤだった髪質がとてもいい

ものに見えてきたりもします。

髪質を活かす

よっぽどではない限り自分の髪質を活かした髪形は

出来るはずなので色々と挑戦してみて自分に合った

ヘアスタイルを探していくのもいいと思います。

自分の髪質がイヤでずっと髪形を変えないでいたけど

思いっきり変えてみると意外によかったりすることも

多々あります。

コンプレックスだった部分を隠すより生かすことで新しい

自分の可能性が見えてくるということも多いですよね。

髪形でも同じことが言えて隠そうと思っていたところを

思い切って出してみると評判が良かったということも

よくあります。

自信が持てる髪形に

似合う、似合わないというのも見る人が違うと意見も

変わってくることが多々あります。思い切って髪形を

変えたときは特に色んな人から様々なことを言われる

ことがあると思います。新しいことをすると大抵の場合は

賛否両論あるのが当たり前なんだと思います。

周りの方の意見も参考にしつつ自分が気に入るかどうか、

その髪形に自信を持つことが出来るかどうかがとても

重要になってきます。

似合う似合わないというのも色々な髪形を経験していくうちに

わかってくることも多いのでぜひ色んな髪形にチャレンジして

みることをおススメします。経験を積んでいくことでこれは

ちょっと違うな、これはよさそうだなというのが経験を通して

わかってくるので迷ったらチャレンジしてみてほしいと常々

思っています。

少し見方を変えてみたり考え方を変えてみると自分の

髪のがとてもいいものに思えたりすることもあるので

そんな髪形を見つけられるように相談しながら

進めていければと思います。

気になることなどありましたらお気軽にご相談ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

関連記事

  1. 暗めの白髪染めから明るめに

  2. カラーチャート通りのカラーにするために

  3. 【美容師が解説】高いシャンプーは本当にいいの?

  4. イメージの力 ~絶対うまくいくスタイリング方法~

  5. 真っ黒じゃないけど暗めのカラー

  6. 自宅で出来る頭皮ケア習慣

  7. 美髪を作るための考え方

  8. 髪形を変えたときの評判は?

  9. 素敵な髪の毛は心の在り方次第で

  10. 乾かすだけでまとまるショートボブ

  11. 酸熱トリートメントが好評です☆

  12. 40代の白髪染め