縮毛矯正のダメージコントロール

なるべくダメージさせない

美容室でする施術のなかで縮毛矯正のメニューは髪の毛の

負担が他のメニューに比べて大きくダメージが出やすい

ものとなります。しかし髪質や髪の状態をしっかりと把握して

適切な薬剤と時間、アイロン操作を行うことで極力ダメージを

おさえながらの施術が出来るようになります。

ダメージが出やすい施術だからこそ安心して出来るお店や

美容師さんにお願いすることを一番におススメします。

髪質の把握

縮毛矯正をかけるにあたって髪質の見極めというのはとても重要です。

クセの状態と髪の毛の太さやダメージ具合などをきちんと理解したうえで

薬剤を決めていきます。今のうちのお店ではクセが強い方用のしっかりと

伸ばすお薬と優しくクセを伸ばすお薬をご用意しています。それと薬の力を

弱めてくれる保護剤があるの場合によっては薬を薬、薬と保護剤などをミックス

して髪の毛に塗布していきます。

基本的に薬剤の強さと放置時間のバランスを考えていくのですが一気に薬剤を

浸透させていくよりもじわじわと少し時間をかけて髪の毛に浸透させていくという

イメージでお薬を考えています。ゆっくりと浸透させていったほうが髪の毛に

対しての負担も少なくて済むのでなるべくダメージが出ないように配慮して

います。

前回かけたところへのケア

縮毛矯正を定期的にかけるという方で毎回毛先までかけるべきか

ということをお話させていただくことがありますが強い薬で毎回毛先まで

かけてしまうと髪の毛がボロボロになってしまいます。

縮毛矯正が出始めのころは毎回毛先までかけて髪のダメージがひどかった

お客様もいたようですが最近では毛先の以前かけたところに関しては優しめの

お薬で対応していくことが多いです。薬もかなり進歩しているので薬の

塗り分けがダメージ具合に合わせてより細かく出来るようになっています。

トリートメントも合わせて

薬剤によるダメージをなるべく抑えて縮毛矯正をかけていき

つつ合わせてトリートメントの施術もしてあげることでより

ツヤツヤな仕上がりとなります。

薬剤でダメージを抑えた縮毛をしつつトリートメントで

質感とツヤ感をよりよくしていくというように内側からと

外側からのダブルでケアしてあげるとより綺麗な髪の毛を

保ちやすくなります。

しっかりとケアが行き届いた髪と行き届いていない髪では

全く質感も見た目の綺麗さも変わってきます。ダメージが

出やすい縮毛矯正だからこそしっかりとケアして綺麗な

髪の毛を保っていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. 暗めの白髪染めから明るめに

  2. 残留色素のコントロール

  3. 部分縮毛が人気です

  4. 長く通える美容室

  5. 身体を元気にするために血行促進

  6. いい美容師さんに巡り会うために必要なことは?

  7. 週末はたくさんご来店いただきありがとうございました。

  8. 綺麗な髪を保つ秘訣

  9. ピンクアッシュ

  10. あけましておめでとうございます

  11. カラーのセミナーへ

  12. 透明感ダークトーンが人気です