白髪が気になり始めたら美容院でヘアマニキュア

目次

白髪がチラホラ気になり始めたら

白髪が気になり始めると気になって仕方なくなりますよね。一本見つけると何本も見つかったり減ることは少なく、どんどん増えていくことのほうが一般的には多いです。かといって白髪を抜くことが趣味のようになってしまい髪の毛が少なくなってしまうという方もいらっしゃるので気になって仕方なくなってしまったら染めることをおススメします。

白髪染めといっても方法がいくつかあります。一般的に言われているのがアルカリヘアカラーで髪の毛の内部に浸透していきしっかりと染めていくカラー剤です。肌感覚ですが日本人の90パーセントくらいがヘアカラーを使って染めているような感じです。希望の色が選べて一般的に白髪染めというとこのアルカリヘアカラーを使って染めています。

それと今回のメインテーマでもあるのがヘアマニキュア。アルカリヘアカラーの次に白髪染めをするのにつかわれることが多いものです。酸性カラーと言われ髪の毛の表面に付着していきダメージレス、アレルギーの心配がない、色持ちがいいなどのメリットがあります。

あとはヘナなど植物系のカラーなどもあります。髪の毛にハリコシが欲しい方やアレルギー反応が出やすい方はそういったカラーがおススメです。

ヘアマニキュアのよさ

上述しましたようにヘアマニキュアのメリットというとまずはダメージが出ないということです。アルカリヘアカラーを繰り返している方とヘアマニキュアを繰り返している方では圧倒的にヘアマニキュアを繰り返している方のほうが髪の毛へのダメージが少ないです。基本的にヘアマニキュアは髪の表面に付着するタイプなので髪の毛の内部の組織を壊すことはありません。アルカリカラーの場合は髪の毛の内部から発色させていくので繰り返し染めていくとどうしてもダメージが出てしまいます。

次にアレルギーの心配がないということですがヘアマニキュアの場合は直接地肌に薬を付けるものではないのでアレルギーの心配がありません。以前アルカリカラーでかぶれてしまったという方でも基本的にヘアマニキュアでは安心して染めることが出来ます。

※例外もありますが。

色持ちがいいといいうのもマニキュアのいいところです。ヘアマニキュアの場合色落ちが早いと一般的に思われているかもしれませんが一度染まったところはそうそう色落ちしません。定期的にご来店いただくお客様でも毎回根元しかヘアマニキュアをしなくても十分です。ブリーチした髪に色を入れる場合は色持ちはあまり良くないかもしれませんが白髪への色持ちということで言うと問題はありません。

次回へ

今回の記事も書きたいことが多くて長くなってしまうのでまた明日続きを書きます。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

 

Follow me!

関連記事

  1. 目指すものを決めること

  2. 草加駅で髪に優しい縮毛矯正が出来る美容室 

  3. 抜け毛、細毛を防ぐ頭皮ケア

  4. 縮毛矯正のダメージコントロール

  5. 似合わせの法則

  6. トリートメントで理想のツヤ髪を

  7. ヘアカラーでハイライトを入れたい時は

  8. 新型コロナウィルス対策について

  9. 新しい技術を

  10. 夢シャンプーでヘッドスパ

  11. 【美容室での会話について】美容師が考える会話の必要性

  12. 前髪で雰囲気チェンジ

PAGE TOP