希望通りのカラーにするために

ベースのカラーが大切

希望通りのカラーにするために大切なことはベースのカラーです。

ベースのカラーがいい感じになっているとカラーの入りがよくなり

ます。ではどんなベースの状態が髪の毛にとってはいいのでしょ

うか。今回は綺麗なカラーが入るためのベースについて解説していきます。

ベースのカラーとは?

ベースのカラーとは前回染めた状態から色が退色してカラーの

色素が抜けたときの髪の毛の色の状態と考えてもらうとイメージ

しやすいかと思います。この色味が抜けた状態でどんな髪の色に

なっているかによってカラーの染まり具合が決まってきます。

例えば透明感の出る寒色系のカラーにしたいという希望であると

したらベースのカラーに赤みが入っていると狙った通りの色に

ならないということがあります。この場合はまずベースの赤みを

抜くためのカラーが必要となってきます。赤みをとる力が強い

色がマット系になるのでそういった薬を使いベースの赤みを削って

いきます。暖色系のカラーは赤みがあっても入りやすいですが

明るさやどのくらい色をはっきりさせるかによっても必要なベースの

状態は変わってきます。

ベースを整えるために

綺麗なカラーが入りやすくなるためのベースを作るためには

長い目でなりたい色をイメージしていくことも大切です。

髪質や今の髪の色などにもよりますが一度で綺麗に染まる方、

何回かに分けて段階を踏んで染めていくことが必要な方など

様々です。信用できる美容師さんを見つけて少しづついい感じに

染まるようにすすめていけるといいですね!

一度ベースが出来るとどんな色も綺麗に

希望のカラーにするためのベースのカラーが一度

出来るとそれからはどんなカラーでも綺麗に入るように

なるので出来るカラーの幅が広がりより楽しむことが

出来るようになります。更にハイライトやグラデーション

からーなどのデザインを入れることで出来ることもや

デザインが大きく変わってきたりもするのでトータルして

素敵なヘアカラーを楽しんでみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

  1. 美髪づくりはシャンプーで決まる!~最高のシャンプーの選び方~…

  2. 草加でトリートメントがおススメのサロン

  3. 健康な頭皮の状態を見極める

  4. 器用と不器用の違い

  5. 毛先パーマでワンカールボブ

  6. スタイリングの方法

  7. 髪の毛をより綺麗に見せるには

  8. 地肌につけないヘアカラー

  9. 自分以外の誰かのために

  10. 黒染めするなら美容院で 

  11. 【ちょっとの違いが大きな違いに】毎日のケア習慣

  12. 色持ちをよくするカラーのレシピ