トリートメントカラーについて考えてみました

トリートメントカラーは髪にいいの?

先日トリートメントカラーについてお客様と話をしていて

実際のところどうなのかを今回はまとめてみます。

トリートメントカラーと言うと少しづつ染まっていき

簡単に出来て髪が痛まないというようなものですね。

お手軽、簡単、ダメージレスというようにとてもいい

お薬です。ここ数年で使っている方がすごく増えた

ように感じます。使ってみて気に入った方が多かった

からこそここまで広まっているので間違いなくいいもの

だと思います。トリートメントで髪に優しく染めていく

ことが出来るという商品名も素晴らしいですね!

美容室でのデザインに悪影響がある場合も

やってみたいカラーがある場合やパーマ、ストレートを

たのしみたいという方でトリートメントカラーを使っている

という方は注意が必要です。トリートメントカラーの

染料によってやりたいカラーが入らなくなってしまったり

ダメージによってパーマやストレートが綺麗にかからなく

なってしまう場合もあります。

ご自宅でのカラーなどもそうですが簡単に染まるように

染料が美容室のカラーよりも強いものが入っている場合も

多いので特に寒色系のカラーや明るめのカラーをご希望の

方はトリートメントカラーはあまりおススメできません。

パーマやストレートに関してですがトリートメントカラー

とはいえ全くダメージが出ない訳ではありません。髪の毛を

染めるという目的の薬なので繰り返し染めていけばある程度の

ダメージは出ます。使い方によってではありますがダメージの

コントロールについても知っておいた方がいいでしょう。

どんなヘアスタイルでいたいか次第

何事もそうですがどこを目指すか次第でどう使えばいいのかが

変わってきます。簡単、便利さを求めるのであれば大いに

使っていくべきだと思います。自分がなりたいヘアスタイルを

求めるのであれば美容室でのカラーをしていったほうがいいでしょう。

バランスが大切な部分でもあるので自分なりに丁度いい形を

見つけてみてもいいですね。ライフスタイルと価値観は人によって

様々です。今年はこうだけど来年はまた違った環境や考え方に

なっているということも大いにありえます。その時々に合わせた

ヘアスタイルを自分らしく楽しんでいくことが一番大切な気も

しますね。お客様一人一人にとっての最幸を見つけるサポートを

致しますのでお気軽にご相談ください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

  1. ブリーチなしで明るい白髪染めにする方法

  2. 色味も綺麗な白髪染め

  3. お手入れ簡単ショートボブ

  4. 土日のご利用は早めのご予約を

  5. インナーカラー×ブリーチ×アメジスト

  6. ヘッドスパの勉強会

  7. グレージュカラー

  8. 一歩踏み出す勇気

  9. メンズカットの周期は?

  10. 性格は毛先に出るという話

  11. 髪の毛がピンチになるときこそ新しいチャンスがあるということ

  12. 頭皮を健康な状態に