【髪を痛ませない】予防美容の考え方について

【予防美容】

ここ最近は健康についてもそうですが悪くなってから治療をするというよりも悪くならないような生活習慣を身に付けるといったことがよく話題になっているように感じます。

健康な体をキープするために軽い運動や食生活にも気を使う方も多いのではないでしょうか?

そういった予防についての考え方は髪の毛にも言えることで髪が痛んできたからケアをするというサイクルではなく髪が痛まないようなケア習慣を身に付けるという方が健康的な感じがあります。

ブログ画像

【まずは意識することから】

ではまず何から始めればいいのかといっても中々わからないものですよね。

髪質や今の髪の毛の状態は人それぞれ全く違います。

なので一概にこれをやった方がいいということは言えないのですが少しづつでもいいので綺麗な髪を保つためのケア習慣についての意識を高めるということは大切と言えるでしょう。

ケア習慣については積み重ねの部分が大きいので一週間や1ヶ月で完成させるというよりも長い目で考えて一年単位や数年単位で少しづつ作り上げていくといいでしょう。

ブログ画像

【当たり前に出来る環境に】

髪の毛のケアをしようとしても続かないという声もよく耳にしますが頑張って髪のケアをするというよりも当たり前にやることが結果的にケア習慣になっているということを作っていくといいでしょう。

例えばアウトバストリートメントがどうしても続かないという方は思い切ってドライヤーをいいものにしてみるということや週に一回のヘアマスクを忘れてしまうという方は毎日使うシャンプーとトリートメントを変えてみるなど今当たり前にやっていることの質をあげるということの方がやりやすいかもしれませんね。

【やることを増やさない】

ヘアケア習慣の考え方としてはあまりやることを増やさない方が長く継続出来るように感じます。

美容室で勧められたトリートメントなど買ったはいいけどそれを使いきれずにどんどんたまって行ってしまうという話も聞きますが普段やっていることプラス何かをすることになるとどうしても続かなくなってしまう傾向があるようです。

ブログ画像

なので今当たり前にやっていることの中でより自分の髪にあったものを見つけることが出来るといいですね!

長い目で考えるとそういった相談ができるかかりつけの美容師さんがいるといいと思います・

少しでも参考になれば幸いです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご予約はこちらから↓↓
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000436101/

☎048-951-1182

〒340-0015 草加市高砂2-11-20 真壁ビル2F

営業時間 10:00~20:00

毎週火曜日定休

CANNOAでは一緒に働くスタッフを募集しております。詳しくはお問い合わせください!

関連記事

  1. 【コロナ感染リスクを少なくする】美容室の利用法

  2. ハーフ縮毛がおススメです

  3. 縮毛矯正をかける時期

  4. 乾かすだけでまとまるショートボブはお任せください

  5. 美髪を作るための考え方

  6. カットと撮影の勉強に

  7. 一歩踏み出す勇気

  8. パーマの簡単セット方法

  9. 美容室での会話の必要は?

  10. パーマの頻度はどれくらい?

  11. 2019年を振り返って

  12. 今の髪の毛が一番